コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸葉 スイバ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ば【酸葉】

タデ科の多年草。野原に生え、高さ50~80センチ。葉は長楕円形で基部は矢じり形。雌雄異株。初夏、淡緑色または緑紫色の小花を多数つける。葉や茎に酸味がある。すかんぽ。すし。 春》「―噛(か)んで故山悉(ことごと)くはろかなり/友二」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいば【酸葉】

タデ科の多年草。荒れ地や原野などに多い。全体に赤みを帯び、高さは約70センチメートル。根葉は卵状長楕円形。雌雄異株。春、茎頂に淡緑色の小花を多数つける。果実は赤色を帯びた三枚の丸い萼がくに包まれる。茎や葉に酸味があり、若苗は食用。スカンポ。スシ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酸葉の関連キーワードマルバギシギシスカンポ丸葉羊蹄ソレル荒れ地食用原野根葉若苗三枚

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android