酸葉(読み)スイバ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ば【酸葉】

タデ科の多年草。野原に生え、高さ50~80センチ。葉は長楕円形で基部は矢じり形。雌雄異株。初夏、淡緑色または緑紫色の小花を多数つける。葉や茎に酸味がある。すかんぽ。すし。 春》「―噛(か)んで故山悉(ことごと)くはろかなり/友二」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいば【酸葉】

タデ科の多年草。荒れ地や原野などに多い。全体に赤みを帯び、高さは約70センチメートル。根葉は卵状長楕円形。雌雄異株。春、茎頂に淡緑色の小花を多数つける。果実は赤色を帯びた三枚の丸い萼がくに包まれる。茎や葉に酸味があり、若苗は食用。スカンポ。スシ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android