コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子の木 カゴノキ

デジタル大辞泉の解説

かご‐の‐き【鹿子の木】

クスノキ科の常緑高木。暖地自生樹皮は灰黒色で、円形にはがれた跡が白くなり、鹿の子模様になる。葉は先のとがった長楕円形で、裏面は灰白色雌雄異株。夏、黄色の小花をつけ、実は翌年の夏に赤く熟す。こがのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かごのき【鹿子の木】

クスノキ科の常緑高木。暖地に生える。樹皮が薄く円くはげ落ちて鹿の子模様になるのでこの名がある。雌雄異株。葉は広倒披針形で革質。夏、葉腋ようえきに黄色の小花を密につけ、翌春、球形の赤熟する液果を結ぶ。コガノキ。カゴガシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鹿子の木の関連キーワードクスノキ科コガノキカゴノキ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android