コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子の木 カゴノキ

大辞林 第三版の解説

かごのき【鹿子の木】

クスノキ科の常緑高木。暖地に生える。樹皮が薄く円くはげ落ちて鹿の子模様になるのでこの名がある。雌雄異株。葉は広倒披針形で革質。夏、葉腋ようえきに黄色の小花を密につけ、翌春、球形の赤熟する液果を結ぶ。コガノキ。カゴガシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鹿子の木の関連キーワードクスノキ科コガノキカゴノキ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android