コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島大神 かしまのおおかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島大神 かしまのおおかみ

古代伝承上の神。
鹿島神宮の祭神で,常陸(ひたち)(茨城県)鹿島を支配したとつたえられる。「常陸国風土記」には,天地のはじめ高天原に天(あま)つ神が会合してくだした神が香島天之大神(かしまあまのおおかみ)とある。香島郡は,この大神のあることから,中臣鎌子(なかとみの-かまこ)により命名されたといわれる。のち藤原氏により建御雷神(たけみかずちのかみ)にかえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿島大神

茨城県鹿島町の鹿島神宮の祭神。『常陸国風土記』では,香島天之大神。天地の開けるより前の太古に,諸祖天神に命じられ,高天原より天降ったという。9世紀頃から,建御雷神と同一視され,特に東北地方の鎮護に神威を発揮する,武神として崇められた。旅立つことを古来,「鹿島立ち」というなど,行路の守護神ともされている。神官の未婚の娘から選ばれる,物忌と呼ばれる女官が,終身の神妻となって仕え,正月7日にその年の豊凶託宣し,それを鹿島の言触れと呼ばれる神人たちが,各地に告げてまわった。境内にある要石は,地中にいて地震を起こす大鯰の頭を押さえていると,いい伝えられている。

(吉田敦彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鹿島大神の関連キーワード鹿島信仰春日大社大坪慶秀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android