鹿島紀行(読み)かしまきこう

精選版 日本国語大辞典「鹿島紀行」の解説

かしまきこう かしまキカウ【鹿島紀行】

江戸前期の俳諧紀行。一冊。松尾芭蕉作。貞享四年(一六八七)、門人曾良宗波を伴い、常陸鹿島月見に出かけた時の紀行。寛政二年(一七九〇)刊。再稿本に「鹿島詣」と題した宝暦八年(一七五八)刊のものもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鹿島紀行」の解説

かしまきこう〔かしまキカウ〕【鹿島紀行】

江戸中期の俳諧紀行。一軸。松尾芭蕉著。寛政2年(1790)刊。貞享4年(1687)、芭蕉が門人曽良と宗波を伴い、鹿島神宮へ月見を兼ねて参拝したときの紀行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android