コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島紀行 カシマキコウ

デジタル大辞泉の解説

かしまきこう〔かしまキカウ〕【鹿島紀行】

江戸中期の俳諧紀行。一軸。松尾芭蕉著。寛政2年(1790)刊。貞享4年(1687)、芭蕉が門人曽良宗波を伴い、鹿島神宮月見を兼ねて参拝したときの紀行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしまきこう【鹿島紀行】

俳諧紀行。一軸。松尾芭蕉作。1687年八月、門人曽良そら・宗波と鹿島神宮に詣で、根本寺で月見をした旅の紀行。鹿島詣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鹿島紀行の関連キーワード河合曽良・河合曾良巧む・工む根本寺秦甸細脛実顔

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android