コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗波 そうは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗波 そうは

?-? 江戸時代前期の俳人。
松尾芭蕉(ばしょう)の門人。江戸本所の定林寺の住職という。貞享(じょうきょう)4年(1687)芭蕉の「鹿島紀行」の旅に河合曾良(そら)とともに同行。元禄(げんろく)7年(1694)の芭蕉書簡では「老」とよばれている。句は「蕉門名家句集」にある。滄波ともかく。
【格言など】冬籠(ごも)り炭一俵をちからかな(「蕉門名家句集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宗波の関連キーワード河合曾良徹通義介鹿島紀行曽良

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android