鹿島義幹(読み)かしま よしもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島義幹 かしま-よしもと

?-? 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)9年(1512)兄景幹の跡をついで常陸(ひたち)(茨城県)鹿島城主となる。重税を課したため領民の恨みをかう。同族大掾(だいじょう)忠幹らの援軍をえた重臣たちに城を追われ,下総(しもうさ)東庄(とうのしょう)(千葉県)にのがれ,のち旧領の奪回をめざしてたたかったが,敗死。通称は左衛門太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android