コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島義幹 かしま よしもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島義幹 かしま-よしもと

?-? 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)9年(1512)兄景幹の跡をついで常陸(ひたち)(茨城県)鹿島城主となる。重税を課したため領民の恨みをかう。同族の大掾(だいじょう)忠幹らの援軍をえた重臣たちに城を追われ,下総(しもうさ)東庄(とうのしょう)(千葉県)にのがれ,のち旧領の奪回をめざしてたたかったが,敗死。通称は左衛門太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone