コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島義幹 かしま よしもと

1件 の用語解説(鹿島義幹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島義幹 かしま-よしもと

?-? 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)9年(1512)兄景幹の跡をついで常陸(ひたち)(茨城県)鹿島城主となる。重税を課したため領民の恨みをかう。同族の大掾(だいじょう)忠幹らの援軍をえた重臣たちに城を追われ,下総(しもうさ)東庄(とうのしょう)(千葉県)にのがれ,のち旧領の奪回をめざしてたたかったが,敗死。通称は左衛門太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鹿島義幹の関連キーワード里見義通芝慶舜斯波義達島津忠治堆朱楊成(5代)津野元実牧野古白結城顕頼結城政朝(2)遊佐順盛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone