コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿持菊子 かもち きくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿持菊子 かもち-きくこ

1798-1837* 江戸時代後期,鹿持雅澄(まさずみ)の妻。
武市瑞山(たけち-ずいざん)の叔母。寛政10年生まれ。土佐(高知県)の人。文政2年結婚する。まずしい中で学問にはげむ夫につくし,近世万葉学を集大成した夫のささえとなった。天保(てんぽう)7年12月4日死去。39歳。本姓は武市。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鹿持菊子の関連キーワードヘルウェティア共和国ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアイルランド反乱アイルランド問題アラブ文学ケンタッキー・バージニア決議コールリッジ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone