コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿持雅澄 かもち まさずみ

美術人名辞典の解説

鹿持雅澄

土佐の国学者。父を雅古と云う。山斎古義堂等多号あり。17、8才頃より学に志し漢学、国学を学び、万葉集の研究に心を潜め造詣する処多く、万葉集古義百五十二巻、万葉集品物解五巻等の著あり、大正14年正五位を贈られる。安政5年(1858)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かもち‐まさずみ【鹿持雅澄】

[1791~1858]江戸後期の国学者・歌人。土佐の人。号は、古義軒、山斎。土佐に住み、ほとんど独学で万葉集を中心に上代国語の研究を進めた。著「万葉集古義」「山斎集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鹿持雅澄【かもちまさずみ】

江戸後期の国学者。土佐の人。号は古義軒,山斎等。土佐の藩校教授館師範。土佐を離れず,宮地仲枝賀茂真淵の万葉学を学ぶ。近世後期の万葉学の大家で,歌も万葉調が濃い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿持雅澄 かもち-まさずみ

1791-1858 江戸時代後期の国学者。
寛政3年4月27日生まれ。中村世潭に儒学を,宮地水渓に国学をまなぶ。土佐高知藩校教授館の写本校正係としてつとめながら,大著「万葉集古義」を完成させた。安政5年8月19日(一説に9月27日)死去。68歳。土佐出身。初名は深澄。通称は源太,藤太。号は古義軒,山斎,醜翁。姓ははじめ柳村,のち飛鳥井とも。著作はほかに「古言訳通」「万葉集紀聞」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿持雅澄

没年:安政5.8.19(1858.9.25)
生年:寛政3.4.27(1791.5.29)
江戸後期の国学者,歌人。土佐(高知)藩の下級武士柳村惟則の子。妻菊子は土佐勤皇派武市瑞山の叔母。本姓藤原氏,その支流飛鳥井家の流と自称。鹿持は本籍地の名。名は雅澄のほか深澄,雅好など。通称原太,藤太。号は古義軒ほか。藩儒中村世潭に漢学を,宮地仲枝に国学,和歌を学んだ。生涯を微禄貧困のなかに送ったが,藩家老福岡孝則によって藩校の講義聴講,藩庫の蔵書閲覧の便宜を与えられた。『万葉集』注釈に生命をかけ,生涯国を出ず,ほとんど独学で学問研究に励んだ。その著『万葉集古義』141冊は,本文の注釈にとどまらず,枕詞から地理にいたるあらゆる分野の研究を網羅している。近代以前の万葉研究の最高峰といっても過言ではなく,維新後,天覧の栄に浴し,宮内省から出版された。また,万葉研究の過程で体得した復古精神は瑞山に受け継がれ,土佐の勤皇思想に大きな影響を与えた。<参考文献>尾形裕康『鹿持雅澄』,鴻巣隼雄『鹿持雅澄と万葉学』

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かもちまさずみ【鹿持雅澄】

1791‐1858(寛政3‐安政5)
江戸後期の国学者。土佐国土佐郡福井村に生まれる。通称源太のち藤太。号は古義軒,山斎,醜翁,橿実。旧姓柳村,のちに先祖の姓に復す。鹿持家は藤原氏の支流飛鳥井家の末流であることが,雅澄の古代への思慕を強めた。藩学の朱子学を学ぶとともに,賀茂真淵・本居宣長の学統をうけた宮地仲枝に学ぶ。終生土佐国をはなれることなく,最下級武士の貧窮の生活にたえて,《万葉集》の研究に努めた成果が,《万葉集古義》である。【平野 仁啓】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かもちまさずみ【鹿持雅澄】

1791~1858) 江戸後期の国学者。号、古義軒など。土佐の人。宮地仲枝に国学を学び、生涯土佐の地を離れず独学で万葉集を中心とした古典を研究。その著「万葉集古義」は、従来の万葉集研究を集大成したものとして貴重。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿持雅澄
かもちまさずみ

[生]寛政3(1791).4.20. 土佐,福井
[没]安政5(1858).9.27. 土佐,福井
江戸時代後期の国学者。土佐藩校教授。生涯土佐を離れず,宮地仲秋について国学を学び,のちほとんど独学で『万葉集』を研究した。主著『万葉集古義』 (125巻,1822頃) は 20年にわたって在来の研究成果を集大成したもの。その他『万葉集枕詞解』 (5巻,22) ,『古言訳通』 (4巻) ,『雅言成法』 (2巻) ,『鍼嚢 (はりぶくろ) 』 (2巻) などの著書,歌文集『山斎集』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿持雅澄
かもちまさずみ
(1791―1858)

江戸後期の国学者。初め柳村源太を名のったが、飛鳥井(あすかい)深澄、藤原太郎雅澄などとも称した。寛政(かんせい)3年4月27日(一説に20日)土佐藩士の家に生まれ、25歳のときから父にかわって下級武士として勤務。収税吏、門番、築山番、藩公の墓守などを務めた。薄禄(はくろく)で地位も低かったが、学才を認められ、1821年(文政4)31歳のときから藩公一族のため歌道、書道を講じ、また私塾を開いて藩の子弟を教育した。青年時代に藩の儒者宮地仲枝(みやじなかえ)の門人となったほかは、ほとんど独学で『万葉集』を研究、『万葉集古義』141冊を完成した。『万葉集』の本文の注釈95冊を中心とし、枕詞(まくらことば)解5冊、人物伝3冊、品物解5冊、名所考6冊などを含む大部な研究書で、ときに牽強(けんきょう)な解釈を施したところもあるが、用例を広く引き、綿密な調査によって創見を示したところもみられ、近世万葉学の集大成というべき書である。ほかに歌文集『山斎(さんさい)集』などがある。[稲岡耕二]
『鴻巣隼雄著『鹿持雅澄と万葉学』(1958・桜楓社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

鹿持雅澄 (かもちまさずみ)

生年月日:1791年4月27日
江戸時代末期の国学者;歌人
1858年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の鹿持雅澄の言及

【土佐国】より

…その後,京都に出た闇斎に谷秦山(谷重遠)が学んで復活し,史学,国学,暦学をあわせて〈谷家の学〉として伝えた。その土壌の上に武藤致和(むねかず)の《南路志》,鹿持(かもち)雅澄の《万葉集古義》などが生まれ,維新に連なる尊王思想が形成された。藩校として宝暦年間(1751‐64)に教授館(こうじゆかん)が,幕末にはそれに代えて文武館(のち致道館)が設けられた。…

【日本音楽】より

…この期の民謡の歌詞は,都会地流行の歌謡とともに,《糸竹初心集》《淋敷座之慰(さびしきざのなぐさみ)》《大ぬさ》《松の葉》などに収められ,《大ぬさ》《糸竹初心集》には楽譜も記されている。しかし,純粋な民謡を集めたものとしては,《山家鳥虫歌》《鄙迺一曲(ひなのひとふし)》,鹿持雅澄(かもちまさずみ)編の《巷謡編》(1835)などが有名である。いずれにしても近世では,三味線や尺八を伴奏とする民謡が多くなったことと,それらの楽器の影響を受けて民謡が音楽的に変化したこと,7・7・7・5調の歌詞が多くなったことなどが注目される。…

【万葉集古義】より

…注釈書。鹿持雅澄(かもちまさずみ)の著。1844年(弘化1)ころまでに成る。…

※「鹿持雅澄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿持雅澄の関連キーワード高知県高知市福井町万葉代匠記佐々木高行徳永千規安並雅景宮地益躬別府安宣丸岡莞爾宮地常磐生年月日松本弘蔭下元西洲横山直方万葉植物鹿持菊子福岡孝茂

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android