コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦稈真田 バッカンサナダ

デジタル大辞泉の解説

ばっかん‐さなだ〔バクカン‐〕【麦×真田】

麦わらを平たくつぶし真田紐(さなだひも)のように編んだもの。夏帽子や袋物などを作るのに用いる。むぎわらさなだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっかんさなだ【麦稈真田】

麦わらを漂白して平たくつぶし、真田紐ひものようにして編んだもの。麦わら帽子の材料とする。麦わら真田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の麦稈真田の言及

【わら(藁)】より

…なお,米の包装には,俵は現在用いられず,紙袋,麻袋,樹脂袋になっている。また,わら工品では,麦わら製品として,オオムギ(皮麦,裸麦),コムギのわらを漂白し,割り開いたものを真田(さなだ)編みとした麦稈真田(ばつかんさなだ)がある。【平 宏和】。…

※「麦稈真田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麦稈真田の関連キーワード尾形多五郎麦わら帽子岡山(県)川田谷五郎寄島[町]タスカン帽オオムギ麦藁真田麦藁帽子職工事情莱州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麦稈真田の関連情報