コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田紐 サナダヒモ

デジタル大辞泉の解説

さなだ‐ひも【真田×紐】

太い木綿糸で平たく厚く織る紐。天正(1573~1592)のころ、真田昌幸(さなだまさゆき)が刀の柄(つか)を巻くのに用いたところからの名という。真田打ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さなだひも【真田紐】

〔天正(1573~1592)の頃、真田昌幸まさゆきが初めてこの紐で刀の柄つかを巻いたという〕
太い木綿糸で平たく厚く編んだ組紐。さなだ。真田打ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真田紐
さなだひも

真田打(うち)、真田編(あみ)、真田織(おり)、真田緒(お)などともよばれ、略して真田ともいう。材料は主として木綿、幅は1~5センチメートル程度の偏平な紐で、経糸(たていと)は細く、緯糸(よこいと)は太い。起源は、天正(てんしょう)(1573~92)のころ、信州上田城主、真田幸村(ゆきむら)の父昌幸(まさゆき)が刀の柄(つか)にこの紐を巻き、人々が真田打とよび始めたからという。あるいは、幅の狭い織物紐を狭織(さのはた)とよんでいたものが真田になったという説もある。[原野光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の真田紐の言及

【真田織】より

…経糸を密にした平経畝(たてうね)組織または綾織で,縞が入っている。幅は1.5~10cmくらいまで各種あり,細いものは真田紐と呼ばれ,おもに巻物や木箱の紐などに使われる。ほかに編物,組紐製もある。…

【ひも(紐)】より

…組紐は古来,紐の本命と考えられたものであり,直衣(のうし)の緒(お),鎧冑の縅(おどし)糸,太刀の緒や柄(つか)糸,帯締め,羽織紐などに使われる。織紐のうちで代表的なものは真田(さなだ)紐(真田織)で,平たい形状なので箱物の紐,掛軸の吊(つり)紐に適しており,真田幸村の考案になるものと伝えられている。編紐は寝間着(ねまき)紐に適しており,裁紐はコートの前身奥につけて,隠し紐としたり,革の裁糸を甲冑の緘糸に用いる。…

※「真田紐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真田紐の関連キーワードジョウチュウ(条虫)真田織り・真田織大阪府泉大津市泉大津[市]藤本 荘太郎泉大津(市)サナダグササナダムシオオムギパナマ帽真田昌幸間々田紐経木真田麦稈真田紐形動物滋賀県小学生条虫類真田虫八日市