真田紐(読み)サナダヒモ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真田紐
さなだひも

真田打(うち)、真田編(あみ)、真田織(おり)、真田緒(お)などともよばれ、略して真田ともいう。材料は主として木綿、幅は1~5センチメートル程度の扁平な紐で、経糸(たていと)は細く、緯糸(よこいと)は太い。起源は、天正(てんしょう)(1573~1592)のころ、信州上田城主、真田幸村(ゆきむら)の父昌幸(まさゆき)が刀の柄(つか)にこの紐を巻き、人々が真田打とよび始めたからという。あるいは、幅の狭い織物紐を狭織(さのはた)とよんでいたものが真田になったという説もある。

[原野光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さなだ‐ひも【真田紐】

〘名〙 組紐の一つ。太い木綿糸で平たく厚く編んだ組紐。天正(一五七三‐九二)の頃、真田昌幸が刀のつかを巻いたところからこの名が生じたという。真田打。真田緒。真田。〔随筆・安斎随筆(1783頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の真田紐の言及

【真田織】より

…経糸を密にした平経畝(たてうね)組織または綾織で,縞が入っている。幅は1.5~10cmくらいまで各種あり,細いものは真田紐と呼ばれ,おもに巻物や木箱の紐などに使われる。ほかに編物,組紐製もある。…

【ひも(紐)】より

…組紐は古来,紐の本命と考えられたものであり,直衣(のうし)の緒(お),鎧冑の縅(おどし)糸,太刀の緒や柄(つか)糸,帯締め,羽織紐などに使われる。織紐のうちで代表的なものは真田(さなだ)紐(真田織)で,平たい形状なので箱物の紐,掛軸の吊(つり)紐に適しており,真田幸村の考案になるものと伝えられている。編紐は寝間着(ねまき)紐に適しており,裁紐はコートの前身奥につけて,隠し紐としたり,革の裁糸を甲冑の緘糸に用いる。…

※「真田紐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android