コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦角病 (ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(麦角病 (ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

麦角病 (ソルガム・スーダングラス)

アフリカ全土で発生する麦角病。病徴、菌の形態およびアルカロイド産生パターンから、九州で発生するソルガム麦角病(Sphacelia sorghi)の子のう時代と考えられる。蜜滴は初め透明だが、後に薄桃色からオレンジ色となり、その表面は多量の二次分生子で被われる。麦角は目立たず、あまり大型化しないが、含有するアルカロイド毒素の種類と量は多い。おもにソルガム雄性不稔系統に発生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麦角病 (ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード麦角アフリカ菫アフリカ舞舞アフロブラックアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義アフリカのHIV麦角病(ソルガム・スーダングラス)麦角病(パスパルム)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone