黄いないおこわ

デジタル大辞泉プラス「黄いないおこわ」の解説

黄いないおこわ

愛知県、尾張地方の郷土料理。糯米(もちごめ)をクチナシで色づけした水で炊いたこわ飯で、上に黒豆煮を散らす。黄色は邪気を祓う色とされ、おもに端午節句の祝い料理としてつくられる。名古屋では「きいはん」と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android