黄翅角蜻蛉(読み)キバネツノトンボ

  • 黄翅角蜻蛉 (キバネツノトンボ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アミメカゲロウ(脈翅)目ツノトンボ科の昆虫。体長二〇~二五ミリメートル、はねの開張五〇~六〇ミリメートル。体は黒く長い毛を密生する。前ばねは透明で根もとが黄色、後ろばねは暗褐色で根もとが黒く、中央に斜めの黄色帯がある。トンボに似ているが、触角が長く先端がふくれているので区別できる。四~六月ごろ成虫が現われる。本州、九州の草原やかわいた河原などに見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android