コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄薇古簡集 きびこかんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

きびこかんしゅう【黄薇古簡集】

1793年(寛政5)岡山藩士斎藤一興が編集した同藩域内の古文書集。本書に収録した文書は,藩内の家臣・寺社・民家の所蔵した平安末から江戸初頭に至る900余点で,これらを城府・諸郡(巻一~十五)と後編(巻十六)に分けて,所蔵者別に配列している。史料的価値は高いが,誤読・誤写がかなりあることが惜しまれる。1971年岡山県地方史研究連絡協議会より校訂本《黄薇古簡集》が出版された。【谷口 澄夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄薇古簡集の関連キーワードルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)ウーシャールクラビエールコルデ最高価格法グロー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone