コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄薇古簡集 きびこかんしゅう

1件 の用語解説(黄薇古簡集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きびこかんしゅう【黄薇古簡集】

1793年(寛政5)岡山藩士斎藤一興が編集した同藩域内の古文書集。本書に収録した文書は,藩内の家臣・寺社・民家の所蔵した平安末から江戸初頭に至る900余点で,これらを城府・諸郡(巻一~十五)と後編(巻十六)に分けて,所蔵者別に配列している。史料的価値は高いが,誤読・誤写がかなりあることが惜しまれる。1971年岡山県地方史研究連絡協議会より校訂本《黄薇古簡集》が出版された。【谷口 澄夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄薇古簡集の関連キーワード斎藤一蒲寛政暦一興興がる浅野五助加藤一純斎藤一興斎藤一信野矢為政斎藤九畹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone