黄薇古簡集(読み)きびこかんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

きびこかんしゅう【黄薇古簡集】

1793年(寛政5)岡山藩士斎藤一興が編集した同藩域内の古文書集。本書に収録した文書は,藩内の家臣・寺社・民家の所蔵した平安末から江戸初頭に至る900余点で,これらを城府・諸郡(巻一~十五)と後編(巻十六)に分けて,所蔵者別に配列している。史料的価値は高いが,誤読・誤写がかなりあることが惜しまれる。1971年岡山県地方史研究連絡協議会より校訂本《黄薇古簡集》が出版された。【谷口 澄夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android