黄金聖人伝(読み)おうごんせいじんでん(英語表記)Legenda aurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄金聖人伝
おうごんせいじんでん
Legenda aurea

ジェノバ大司教,福者ヤコブス・デ・ウォラギネの書いた『聖人物語』 Legenda sanctorum (1263~88) の通称。黄金伝説ともいい,教会暦の順に口伝を含む聖人伝と説教を配列している。ランゴバルド人の歴史を含むため"Historia lombardica"ともいわれる。史実の信憑性には問題があるが,おもに文学,信仰の面から人気を博した。芥川龍之介の『きりしとほろ上人伝』小序中にいうキリシタン版は芥川の虚構である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android