コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄雀風(読み)コウジャクフウ

デジタル大辞泉の解説

こうじゃく‐ふう〔クワウジヤク‐〕【黄×雀風】

陰暦5月に吹く東南の風。この風の吹くころ海魚が変じて黄雀になるという中国の言い伝えによる。 夏》「鶴去って―の吹く日かな/碧梧桐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじゃくふう【黄雀風】

陰暦五月に吹く東南の風。この風の吹く頃、海魚が黄雀に変ずるという俗説が中国にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android