コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黐の木 モチノキ

大辞林 第三版の解説

もちのき【黐の木】

モチノキ科の常緑高木。山野に自生。また、庭木ともする。葉は楕円形で、厚い革質。雌雄異株。初夏、葉腋に黄緑色の小花をつける。秋、球形の液果が赤く熟す。材は細工物用、樹皮からは鳥黐とりもちを取る。トリモチノキ。モチ。冬青とうせい。 〔「黐の花」は [季] 夏〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黐の木の関連キーワードトリモチノキモチノキ科山車

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android