コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒水国遺跡 こくすいこくいせき

1件 の用語解説(黒水国遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくすいこくいせき【黒水国遺跡】

中国の甘粛(かんしゅく)省の河西回廊中部、張掖(ちょうえき)(ヂャンイェー)の市街の北西15km、黒水河のほとりにある、漢の時代のものとされている古墓群。東西2km、南北2.5kmのエリアに、レンガ造りの墓室がある多数の墳墓と城塞の遺跡がある。ここから、大量の陶壺や五銖銭(ごしゅせん)が出土したことで注目を集めた。◇ここはシルクロード交易の中継地だったとされていて、「黒水国城堡遺趾」と名づけられたが、黒水国は史書にはいっさい登場せず、どのような人々がいつ住んで、城塞や墳墓を残したのか、詳細はわかっていない。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒水国遺跡の関連キーワード河西甘粛省甘粛回廊祁連山脈甘粛隴西甘粛地震張掖河西四郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone