コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒水国遺跡 こくすいこくいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくすいこくいせき【黒水国遺跡】

中国の甘粛(かんしゅく)省の河西回廊中部、張掖(ちょうえき)(ヂャンイェー)の市街の北西15km、黒水河のほとりにある、漢の時代のものとされている古墓群。東西2km、南北2.5kmのエリアに、レンガ造りの墓室がある多数の墳墓と城塞の遺跡がある。ここから、大量の陶壺や五銖銭(ごしゅせん)が出土したことで注目を集めた。◇ここはシルクロード交易の中継地だったとされていて、「黒水国城堡遺趾」と名づけられたが、黒水国は史書にはいっさい登場せず、どのような人々がいつ住んで、城塞墳墓を残したのか、詳細はわかっていない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

黒水国遺跡の関連キーワード墓室張掖

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android