コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張掖 チョウエキ

デジタル大辞泉の解説

ちょうえき〔チヤウエキ〕【張掖】

中国甘粛省中部の都市。漢代以来、交通の要地として栄え、現在は蘭新(らんしん)鉄道が通り、綿花穀物集散地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

張掖【ちょうえき】

中国,甘粛省西部の都市。旧名甘州。漢代以来の古都河西回廊オアシスの一つ。蘭新鉄路(蘭州〜ウルムチ)の通過地となっており,武威と併称される交易都市である。米・カンゾウ甘草)の産があり,毛織物綿織物皮革工業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうえき【張掖 Zhāng yè】

中国の甘粛省西部の都市。河西回廊地帯中部の要地で,蘭新鉄道(蘭州~ウルムチ)が通過する。漢の武帝のとき置かれた河西四郡の中もっとも早く開けたところで,前110年(元封1)ごろ得(ろくとく)県を中心に張掖郡が設けられた。五胡十六国時代には北国の都となり,西魏のとき張掖郡を甘州とし隋になって県名を張掖と改めた。中華民国から県は省に直属し,現在は張掖地区公署の所在地であり,付近の農畜産物の集散地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張掖
ちょうえき / チャンイエ

中国、甘粛(かんしゅく)省中部、黒河の東岸にある地級市。1市轄区、山丹(さんたん)など4県、1自治県を管轄する(2016年時点)。常住人口119万9515(2010)。いわゆる河西(かせい)四郡の一つとして、酒泉(しゅせん)、敦煌(とんこう)、および武威(ぶい)郡とともに、紀元前2世紀末ごろ、前漢の武帝によって張掖郡がこの地に設けられて以来、河西回廊の要衝として栄えた。五胡(ごこ)十六国時代には、北涼(ほくりょう)の段業(だんぎょう)(?―401)や沮渠蒙遜(そきょもうそん)(368―433)がこの地に都を置いて後涼(こうりょう)や西涼と争った。7世紀初頭の隋(ずい)の時代に張掖郡は甘州(かんしゅう)と改められた。現在は蘭新線が通り、河西回廊一帯の綿花、穀物の集散地となっている。2011年には張掖甘州空港が開港した。[關尾史郎・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

張掖の関連キーワードシャンタン(山丹)県内モンゴル(自治区)チャンイエ(張掖)市ホーシー(河西)回廊漢の時代(年表)ルオ(弱)水馬蹄寺石窟永昌県遺跡甘粛(省)黒水国遺跡チャンイエ居延漢簡沮渠蒙遜エジン李徳明木塔寺大仏寺流沙山丹弱水

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

張掖の関連情報