黒牛舌(読み)クロウシノシタ

  • 黒牛舌 (クロウシノシタ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ウシノシタ科の海産魚。体長約三五センチメートル。体は扁平な長楕円形で、目は近接して体の左側にあり、小さい。吻は鉤状に曲がって腹面に垂れ下がり、口は著しく曲がって腹方に開く。有眼側の体色は黄褐色で黒褐色の点が散在する。背びれ、しりびれは黒褐色で縁辺は白い。内湾や沿岸の浅所に生息。北海道以南に分布し、食用。うしのした。したびらめ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android