黒門町伝七(読み)くろもんちょうの でんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒門町伝七 くろもんちょうの-でんしち

陣出(じんで)達朗の小説「伝七捕物帳」の主人公。
江戸の御用聞の中で,ただひとり北町奉行遠山景元からもらった紫房の十手(じって)をもつ。万力鎖を得意とし,三味線をひくと推理の勘がさえわたる。高田浩吉主演で映画化され,松竹のヒットシリーズとなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android