コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒門町伝七 くろもんちょうの でんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒門町伝七 くろもんちょうの-でんしち

陣出(じんで)達朗の小説「伝七捕物帳」の主人公。
江戸の御用聞の中で,ただひとり北町奉行遠山景元からもらった紫房の十手(じって)をもつ。万力鎖を得意とし,三味線をひくと推理の勘がさえわたる。高田浩吉主演で映画化され,松竹のヒットシリーズとなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android