コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御用聞き ゴヨウキキ

デジタル大辞泉の解説

ごよう‐きき【御用聞き】

商店などで、得意先の用事・注文などを聞いて回ること。また、その人。「酒屋の御用聞き
《政府の公用を承る者の意から》江戸時代、官から十手捕縄を預かり、犯人の捜査・逮捕に当たった民間の者。岡っ引き。目明かし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごようきき【御用聞き】

得意先を回って注文を聞くこと。また、その人。
江戸時代、町人で、官命を受けて犯人の逮捕にあたった者。岡っ引き。目明かし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御用聞き
ごようきき

(1)江戸時代、町同心の手先となって犯罪者を捜す目明(めあか)し(岡引(おかっぴ)き)のこと。
(2)江戸時代に幕府や諸藩に出入りし、物品の納入、金銭の調達などにあずかる商人のこと。
(3)米屋、酒屋などが得意先の注文を聞いて回ること。またその人をさす。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

御用聞きの関連キーワード斉藤和彦注文取り御用商人早川一光オムニ7間に合う勝手口得意先目明し提灯御用町人官命

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御用聞きの関連情報