コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓室成形術 こしつせいけいじゅつtympanoplasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼓室成形術
こしつせいけいじゅつ
tympanoplasty

中耳のさまざまな病態に対し,単に病変を取除くだけでなく,鼓室の伝音系を外科的に再建または新設することによって聴力も向上するように工夫した手術をいう。聴覚学や耳科学の進歩と,手術用顕微鏡などの器具の発達や化学療法の普及により発達し,今日では各種中耳病変に対する手術の主流を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鼓室成形術の関連キーワード中耳根本手術中耳炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android