鼻笛を吹く(読み)はなぶえをふく

精選版 日本国語大辞典「鼻笛を吹く」の解説

はなぶえ【鼻笛】 を 吹(ふ)

① 口を閉じ、声をに抜いて歌う。鼻歌をうたう。
※中華若木詩抄(1520頃)上「擁鼻は、日本のほうかてなんどする事か。又鼻笛て、吟すること乎」
に入って得意になる。喜んで鼻を鳴らす。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「関寺小町するといへば、これ一番の見物と、諸人勇みて鼻笛(ハナフエ)を吹(フキ)けるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼻笛を吹く」の解説

鼻笛はなぶえ・く

口を閉じ、声を鼻に抜いて歌う。
「―・いて吟ずることか」〈中華若木詩抄・上〉
得意になる。
「諸人勇みて―・きけるに」〈浮・胸算用・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android