鼻笛を吹く(読み)はなぶえをふく

精選版 日本国語大辞典「鼻笛を吹く」の解説

はなぶえ【鼻笛】 を 吹(ふ)

① 口を閉じ、声を鼻に抜いて歌う。鼻歌をうたう。
※中華若木詩抄(1520頃)上「擁鼻は、日本のほうかてなんどする事か。又鼻笛を吹て、吟すること乎」
② 悦に入って得意になる。喜んで鼻を鳴らす。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「関寺小町するといへば、これ一番の見物と、諸人勇みて鼻笛(ハナフエ)を吹(フキ)けるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼻笛を吹く」の解説

鼻笛(はなぶえ)を吹・く

口を閉じ、声を鼻に抜いて歌う。
「―・いて吟ずることか」〈中華若木詩抄・上〉
得意になる。
「諸人勇みて―・きけるに」〈浮・胸算用・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android