コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍亭 りゅうてい

1件 の用語解説(龍亭の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

りゅうてい【龍亭】

中国の河南(かなん)省の開封市北西にある、宋時代に造られた皇宮の御苑の一部。開封城北西の龍亭北路に位置する龍亭公園内の高台に建っており、高さは26.7mで、72段の階段の中央には龍の彫刻が施されている。この公園には午門、玉帯橋、照壁、北宋時代の宮殿拱門遺跡などがあり、北門や東門など清時代の万寿宮などの建築物も数多く残されている。園林の景観は美しく、明媚な四季同春園、雅やかな盆栽景園などの景観も楽しめる。特に、この植物造型園は「河南の絶景」といわれるほどで、中国の百家名園の一つとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍亭の関連キーワード河南省河南南陽開封河南浦かなん河南[省]桐柏山脈

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍亭の関連情報