コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照壁 しょうへきzhào bì

世界大百科事典 第2版の解説

しょうへき【照壁 zhào bì】

影壁,照牆,牆壁ともいう。中国の宮殿官署や住宅の大門の前面もしくは門内に設けられた目隠しの独立塀。一説に魔よけを意味するという。塼造(せんぞう)や土造のものが多く,宮殿や寺廟などでは壁面に多彩の琉璃で竜や動物をあらわした装飾的なものもあり,山西省大同や北京北海公園などの九竜壁が代表的な例。起源は古く,西周~春秋時代には〈樹〉または〈屛〉の名で呼ばれていたことが知られ,陝西省岐山県鳳雛の西周初期の宗廟址に最古の実例が発掘された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

照壁の関連キーワード龍亭

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android