コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照壁 しょうへき zhào bì

1件 の用語解説(照壁の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうへき【照壁 zhào bì】

影壁,照牆,牆壁ともいう。中国の宮殿,官署や住宅の大門の前面もしくは門内に設けられた目隠しの独立塀。一説に魔よけを意味するという。塼造(せんぞう)や土造のものが多く,宮殿や寺廟などでは壁面に多彩の琉璃で竜や動物をあらわした装飾的なものもあり,山西省大同や北京北海公園などの九竜壁が代表的な例。起源は古く,西周~春秋時代には〈樹〉または〈屛〉の名で呼ばれていたことが知られ,陝西省岐山県鳳雛の西周初期の宗廟址に最古の実例が発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

照壁の関連キーワード声母月宮殿玉堂月の宮春の宮日の宮人牆壁冬の宮殿モイカ宮殿中隔

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone