コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3次元回路素子 さんじげんかいろそしthree-dimensional integrated circuits device

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

3次元回路素子
さんじげんかいろそし
three-dimensional integrated circuits device

素子を3次元的に配置し,超高集積化・高機能化を狙った LSI。半導体層と絶縁膜,配線を交互に積層して形成する。単なる素子の高集積化だけではなく,各半導体層ごとにセンサプロセッサ,メモリなどと空間を効率よく利用することで,高速化も実現できる。技術的には,絶縁層上に高品質の半導体層を形成することが最大の課題である。レーザーを使って絶縁膜上の半導体を再結晶化させる「SOI (シリコンオンインシュレータ) 技術」が研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android