コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

4C 4C

マーケティング用語集の解説

4C

マッカーシーの4Pを購買者視点に置き換えた概念のことで、ロバート・ラウターボーンが提唱。顧客価値(Customer value)、顧客コスト(Customer cost)、利便性(Convenience)、コミュニケーション(Communication)のこと。
販売者の視点である4Pを購買者の視点に立って置き換えた概念で、
製品(Product) →顧客価値(Customer value)
価格(Price) →顧客コスト(Customer cost)
流通(Place) →利便性(Convenience)
プロモーション(Promotion)→コミュニケーション(Communication)
となる。
顧客は価値や問題点に対する解決策を購入しているとみている。顧客は製品の獲得、使用、廃棄に至るまでの全体のコストに関心を持っている。顧客は製品やサービスができる限り簡便に利用できることを望んでいる。顧客は双方向のコミュニケーションを望んでいる。この4Cを十分検討したうえで4Pを構築することが重要と提唱されている。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

マーケティング用語集の解説

4C

Customer value(顧客価値)、Cost(コスト)、Convenience(利便性)、Communication(コミュニケーション)の4つの頭文字を取ったもの。それまで4Pといった製品を提供する側からの視点で考えられていたマーケティングのフレームワークを顧客からの視点へ転換させた概念。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

4Cの関連キーワードマーケティングミックス炭化ホウ素(炭化硼素)耐食アルミニウム合金マーケティングの3CSDマーケティングの4Cダイヤモンドの鑑定マッカーシーの4Pロイコトリエンテトラエチル鉛クラリティー順列・組合せ郡山市開成館バナジウム鋼列氏温度目盛塩化バリウム山口明日香フッ化炭素炭素14法P54CS

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

4Cの関連情報