コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

68020

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

68020

米Motorola社が開発したマイクロプロセッサー68000や68010と比べ、16ビット幅しかなかった外部データバスを32ビットまで広げたこと、また256bytesの命令キャッシュを内蔵したことが、大きな特長である。また外部アドレスバスの幅も、24bitから32ビットまで拡張され、4Gbytesのアドレス空間をリニアに使用すること可能となった。ソフトウェアモデルは、68010をベースとしている。68020のアーキテクチャーは、この後に登場した68030や、組み込み制御向けの68EC020、68300シリーズなどに使われた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

68020の関連キーワード32ビットアドレッシングコンピュータ史(年表)32ビットマシンPMMU

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android