コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

86年税制改革法 はちじゅうろくねんぜいせいかいかくほう1986 Tax Reform Act of 1986; TRA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

86年税制改革法
はちじゅうろくねんぜいせいかいかくほう
1986 Tax Reform Act of 1986; TRA

税制の簡素,公正,成長を基本理念として 1986年 10月に成立し,87年から発効したアメリカの法律。税率区分の簡素化では,最低 11%から最高 50%まで 14段階に区分されていた従来の個人所得税率区分が,15%と 28%の2区分に整理された。また法人税率についても,従来の5段階 (15%,18%,30%,40%,46%) から3区分 (15%,25%,34%) に整理された。優遇税制措置の見直しについても,キャピタル・ゲイン税率の引き上げ,投資税額控除の廃止,加速減価償却制度 (ACRS) の縮減,住宅抵当金利の縮小などが実施された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android