コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

87式自走高射機関砲(読み)はちななしきじそうこうしゃきかんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

87式自走高射機関砲
はちななしきじそうこうしゃきかんほう

陸上自衛隊で初の国産自走式高射機関砲。局地防空用として 1982年に試作車を開発,87年から調達開始。主として機動的に運用される部隊の対空援護に使用される。目標の発見,補捉,発射までをデジタル・コンピュータがリアルタイムで計算する。機関砲はスイスのエリコン社製をライセンス生産し,74式戦車の車体に搭載している。主要目は,乗員3,全備重量 38t,全長 7.99m,最高時速 53km,行動距離約 400km,武装 35mm高射機関砲2。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android