コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

87式自走高射機関砲 はちななしきじそうこうしゃきかんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

87式自走高射機関砲
はちななしきじそうこうしゃきかんほう

陸上自衛隊で初の国産自走式高射機関砲。局地防空用として 1982年に試作車を開発,87年から調達開始。主として機動的に運用される部隊の対空援護に使用される。目標の発見,補捉,発射までをデジタル・コンピュータがリアルタイムで計算する。機関砲はスイスのエリコン社製をライセンス生産し,74式戦車の車体に搭載している。主要目は,乗員3,全備重量 38t,全長 7.99m,最高時速 53km,行動距離約 400km,武装 35mm高射機関砲2。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

87式自走高射機関砲の関連キーワードゲパルト対空戦車陸上自衛隊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android