コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

90年代通商産業政策ビジョン きゅうじゅうねんだいつうしょうさんぎょうせいさくビジョン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

90年代通商産業政策ビジョン
きゅうじゅうねんだいつうしょうさんぎょうせいさくビジョン

通産相の諮問機関である産業構造審議会が 1990年に答申した指針。 21世紀までの 10年間を展望して生産重視から生活重視へと産業政策転換を提言,国際社会への貢献,ゆとりある生活実現,長期的経済発展基盤の3目標を掲げた。その後,産構審は 93年6月には冷戦終結や経済ボーダレス化,日本社会の高齢化,多様化などをふまえて「21世紀に向けた経済システム」の必要性を問題提起した。同年 11月には産業構造変革の方向として,政府の公共投資基本計画上積みと前倒しによる情報ネットワークなど,新社会資本分野充実を提言した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android