コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業構造審議会 さんぎょうこうぞうしんぎかい

4件 の用語解説(産業構造審議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業構造審議会
さんぎょうこうぞうしんぎかい

産業構造に関する重要事項を調査,審議する経済産業大臣諮問機関。略して産構審ともいう。経済産業省設置法に基づき,政令によって設けられている恒久的な機関で,長期的かつ基本的な政策方向の調査,審議の機能と当面の重要政策決定についての審議機能とを合せた総合的な性格をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんぎょうこうぞう‐しんぎかい〔サンゲフコウザウシンギクワイ〕【産業構造審議会】

経済産業省に設置された審議会。経済産業大臣の諮問に応じて、産業構造の改善や経済・産業の発展に関する重要事項を調査審議する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

産業構造審議会【さんぎょうこうぞうしんぎかい】

通産大臣の諮問機関で,産業構造に関する事項を調査・審議する。1964年発足。委員は学識経験者など130名以内で構成される。任期は2年。通産大臣からの諮問に対する答申の他にも,21世紀産業社会の基本構想のような産業構造に関する長期ビジョンの提案も行う。
→関連項目産業構造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうこうぞうしんぎかい【産業構造審議会】

通商産業大臣の諮問に応じて,産業政策を推進するための答申を出すべく調査,審議する通産省付属機関。略称,産構審。1964年4月に,それまでの産業合理化審議会および産業構造調査会を統合して発足した。当時,日本はIMF8条国への移行等海外から資本の自由化を迫られ,国内の産業政策転換が急務であった。審議会は総合部会を頂点として,産業資金,流通,情報産業,鉄鋼,アルミニウム化学工業,繊維,住宅・都市産業,紙パルプなど20の部会で構成され,審議会令によって委員は130人以内,ほかに臨時委員,専門委員を置くことができ,各委員とも非常勤国家公務員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

産業構造審議会の関連キーワード宮中顧問官通商産業省経済産業省顧問官経済産業大臣通産相通産大臣通商産業大臣山本庸幸通商産業局

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産業構造審議会の関連情報