コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aキナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

Aキナーゼ

 プロテインキナーゼAともいう.cAMPによって活性が調節されるタンパク質キナーゼ.cAMPを介する信号伝達系で重要な機能を果たす.エピネフリングルカゴン,甲状腺刺激ホルモンその他多くのホルモンの細胞内信号伝達に関与する.基質となるタンパク質のセリントレオニンリン酸エステル化して細胞の代謝活性を制御する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

Aキナーゼの関連キーワードサイクリックヌクレオチド依存プロテインキナーゼサイクリックAMP依存プロテインキナーゼグリコーゲンシンターゼキナーゼグリコーゲンホスホリラーゼアデニル酸シクラーゼサイクリックAMP

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android