A.B. デューク(英語表記)Angier Brddle Duke

20世紀西洋人名事典「A.B. デューク」の解説

A.B. デューク
Angier Brddle Duke


1914 -
米国実業家
米日財団会長
ニューヨーク市生まれ。
駐エルサルバドル、スペイン大使、国務省儀典長などを歴任し、1976年に天皇訪問の際にニューヨーク市の市民行事コミッショナーとしてエスコートした。代表的知日派の一人で、長い滞日経験をふまえて、「危機に際して日米は協力すべき」と強調した。’81年に日本船舶振興会が出資して「米日財団」が設立され、会長を務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android