コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本船舶振興会 にほんせんぱくしんこうかい

2件 の用語解説(日本船舶振興会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本船舶振興会
にほんせんぱくしんこうかい

モーターボート競走法のうち,船舶,海難防止その他の公益事業の振興に寄与することを目的として設立された財団法人。 1962年発足。運輸大臣の監督下におかれ,レースによる収益金のなかから一定の交付金を受け,これによって運営されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっぽん‐せんぱくしんこうかい〔‐センパクシンコウクワイ〕【日本船舶振興会】

公益財団法人日本財団の旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本船舶振興会の言及

【競艇】より

…単勝式は1着を,複勝式は1,2着のいずれかを,連勝単式は1,2着をその着順どおりに1組,連勝複式は1,2着をその着順に関係なしに1組的中させればよい。 競走の運営はモーターボート競走会が行っており,この統括機関が全国モーターボート競走会連合会であり,造船関連事業の振興というモーターボート競走法の目的を達成するために日本船舶振興会がある。競艇選手はモーターボート競走会連合会による1年間の研修期間を経た後,初めて選手として登録されレースにも出場できる。…

※「日本船舶振興会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本船舶振興会の関連キーワードサーボモーター競艇公営賭博ヨットモーターボート総合保険モーターボート記念競走エースモーター国際モーターボート連合日本モーターボート協会ブルーバード(モーターボート)ヨット・モーターボート総合保険

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本船舶振興会の関連情報