コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AG星表 エージーせいひょうAG Catalogue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

AG星表
エージーせいひょう
AG Catalogue

1869年,ウィーンで開かれた天文協会の総会で計画され,ボン恒星目録の北天部のうち,赤緯+85°から南の赤緯-2°までの光度9等までの星全部の精密な位置を欧米の 12の天文台の子午環で決め,90~1910年の間に出版された星表で 14万 4218星を含む。のちに赤緯-23°までの星4万 3830個が追加出版された。また写真観測によるこの星表の改訂がなされ,51~58年に AGK2星表として出版され,これは天の北極から赤緯-2°までの星約 18万個を含むが固有運動は載っていない。さらに同様な写真観測により,AGK2の星の改良された位置および固有運動を含む AGK3星表が 75年に出版された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

AG星表の関連キーワードFK星表

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android