コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の北極 てんのほっきょくcelestial north pole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天の北極
てんのほっきょく
celestial north pole

地球上の観測地点を通り地球の自転軸に平行な直線が天球と交わる2点のうち,北側にあるもの。地球の北極に立つ観測者にとって天頂にあたる。 (→天の南極 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐の‐ほっきょく〔‐ホクキヨク〕【天の北極】

北極2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

天の北極の関連キーワードこぐま座(小熊座)天の子午線ポラリストゥバン極望遠鏡日周運動地平座標きりん座北極距離子の星北極星日時計回帰月子午面標準星周極星小熊座子午線位置角歳差

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android