コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子午環 しごかんmeridian circle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子午環
しごかん
meridian circle

天体の赤経赤緯を精密に測定する装置。大型の子午儀に高度測定用の正確な目盛り板を回転軸に垂直に取付け,それを顕微鏡で読むことによって,天体南中時の高度を 0.1″まで,また南中時刻は 100分の1秒まで正確に測定することができる。普通 10~20cm口径の望遠鏡を 100~200倍の倍率で用いる。目盛り板の直径は1~1.5m程度。据付けは,建物と絶縁して地下深く基底を定めたコンクリート台上に,0.1″まで測定できる水準器を使って行われる。人間の工作技術の粋ともいえる精巧なものである。現在は子午儀に代り,光電式測光計が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しご‐かん〔‐クワン〕【子午環】

大型の子午儀で、高度測定用の精密な目盛り環のついたもの。天体の子午線通過の時刻と高度とを測定し、その天体の赤経赤緯を決定するのに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

子午環【しごかん】

天体の赤経と赤緯を絶対的な基準で決定するための精密観測装置。直接測定するのは天体の子午線通過の瞬間における恒星時と高度で,高度測定用の目盛環が回転軸に垂直に取りつけられている。
→関連項目地球儀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しごかん【子午環 meridian circle】

天球面上での天体の位置(赤経,赤緯)を絶対的な基準で決定するための唯一の精密観測装置。直接的には,日周運動によって天体が子午線を通過する瞬間における恒星時と天頂距離を正確に測定する。子午環の望遠鏡光軸が正確に子午線面内(天頂方向と地球自転軸方向を含む面)だけで回転し,光軸の天頂からの回転角距離を測定できるように,東西に指向した水平回転軸と高度目盛環をもつ。望遠鏡接眼部には,赤経・赤緯方向の角度を1/100角度秒の精度で測定可能なマイクロメーターがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しごかん【子午環】

天体の子午線通過時刻と高度を同時に測定する装置。子午儀に精密な高度測定用の目盛り環をつけたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子午環
しごかん

天体の赤経・赤緯を精密に測定するための装置。口径10~20センチメートル程度の望遠鏡、それを支える精密な架台、望遠鏡の回転角を測る高精度目盛環、天体の南中時刻を測定する時計、などにより構成される。とくに望遠鏡は東西軸のみで回転され、子午線上の天体しか見られない構造となっており、この意味で「子午儀」の一種であるが、目盛環を備えているゆえに「子午環」とよばれる。
 観測原理は、二つの天体の赤経差を子午線通過の時間差として測り、赤緯差を目盛環によって測る、ということになるが、もっとも困難かつ重要なことは、視野内での天体と望遠鏡の十字線との合致をどのように決定するか、ということである。従来の眼視方式でも、マイクロメーターや移動十字線などのくふうが凝らされていたが、1980年代になるとスリットと光電管を組み合わせた自動式子午環が開発され、国立天文台などに設置された。
 観測量は2天体間の相対角距離であるが、周極星の子午線通過を一夜に二度、極の上方と下方で観測することにより極方向が決定され、また惑星や太陽の観測により黄道および春分点が決められて、すべての天体の赤経赤緯値が得られる。これを「絶対観測」または「基準観測」とよぶ。一度基準観測を行っておもな恒星の赤経赤緯値を決めておけば、これを利用して相対観測のみから他の天体の位置が決定される。このような基準観測によって位置決めされた恒星のリストを「基準カタログ」とよぶ。このようなカタログを構成・改良することが子午環の重要な仕事である。ただし1990年代には、より高精度な相対観測が人工衛星(ヒッパルコス衛星)によって行われ、また基準観測に相当するものが超長基線電波干渉計(VLBI)によって行われるようになり、子午環はその歴史的役割を終えた。[中嶋浩一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の子午環の言及

【地球儀】より

…地球全体を縮小した立体模型。経緯線,海陸の配置,地名などが記入されている球で,南北両極の支点によって〈子午環〉につながっており,回転可能である。子午環は地軸を通る大円(子午線)に沿う円環で,緯度目盛が刻まれており,これと直角をなす〈地平環〉の内側の溝にはめこまれており,この溝を通る方向の回転は自由である。…

※「子午環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子午環の関連キーワードポール.F. ゴーチェコペンハーゲン天文台ウイリアム エリス天文学史(年表)ハンブルク天文台アストロメトリーC.B. ワッツグリニッジ天文台グリニジ天文台日本経緯度原点コリメーターキュストナー天体望遠鏡写真天頂筒本初子午線実地天文学月(衛星)経緯度原点エアリー天体観測

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android