AIDCA

流通用語辞典の解説

AIDCA

アイドカ理論。顧客の心理と販売のステップを理論化したアイドマ理論のうち、MをC(Confidence)、すなわち々信頼としたほうがよいとする考えで、基本的には、アイドマと同じ。アイダス(Attention,Interest, Desire, Action, Satisfaction=満足)、アイダ(AIDA、アイドマからMを除外したもの)などと変形されることもある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android