満足(読み)まんぞく

精選版 日本国語大辞典「満足」の解説

まん‐ぞく【満足】

〘名〙 (形動) (「まんそく」とも)
① 希望が満ち足りて不平がなくなること。また、そのさま。
※御堂関白記‐寛弘元年(1004)一一月二日「心中願已満足」
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉五「獅子は其の飢ゑたる腹を十分に満たせば、其れにて満足すれども、虎は決して満足すること無し」
② 十分であると感じること。完全または、無欠であること。欠けるところがないこと。また、そのさま。
※平家(13C前)三「但、官位といひ俸祿といひ、御身にとっては悉く満足す」
※男ごころ(1893)〈尾崎紅葉〉八「諸道具何一つ満足(マンソク)なるは無く」 〔南斉書‐張敬児伝〕
③ 定員が充足すること。
※大会日記(1511)「已上六口。当年堅義満足」
④ 数学で、ある対象が与えられた条件にかなっていること。ある数が、与えられた方程式や不等式の解であること。
※零の発見(1939)〈吉田洋一〉直線を切る「二乗が2より大きいやうな、即ち不等式 x2>2 を満足するやうなすべての正の整数または分数x」
まんぞく‐げ
〘形動〙

みち‐た・りる【満足】

〘自ラ上一〙 ゆきわたって十分である。また、不足不満がなく充実している。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉殿さまお目ざめ「営養の充ち足りた艷々(つやつや)とした皮膚」
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「楽しい満ち足りた気持なのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「満足」の解説

まん‐ぞく【満足】

[名・形動](スル)
心にかなって不平不満のないこと。心が満ち足りること。また、そのさま。「満足な(の)ようす」「今の生活に満足している」
十分であること。申し分のないこと。また、そのさま。「満足な答え」「料理も満足にできない」
数学で、ある条件を満たしていること。
[派生]まんぞくげ[形動]まんぞくさ[名]
[類語](1満悦充足飽満自足自得会心・充足感・充実感・自己満足本望(―する)満ち足りる心行く堪能たんのうする満喫する安住する・安んずる甘んずる十分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android