コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cペプチド

1件 の用語解説(Cペプチドの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

Cペプチド

 インスリンは2本ペプチド鎖からなるが,生合成されるときはB鎖から作り始められ,中間にあって除去されるペプチド部分があり,続いてA鎖が合成される.この中間部分のペプチドは生合成されると細胞内で切断され,A-B鎖(インスリン)と別のペプチドとなる.この中間部分のペプチドをCペプチドという.分泌されるときは,インスリンと一緒に分泌される.生理的機能は知られていないが,インスリン治療を行っている患者が自分で分泌するインスリン量の指標として血中濃度が定量される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Cペプチドの関連キーワードオリゴペプチドペプチドホルモンポリペプチドペプチド鎖胃液分泌抑制ペプチドオリゴペプチダーゼグルコース依存インスリン分泌刺激ペプチド高プロインスリン血プレプロインスリンプロインスリン

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone