Cペプチド

栄養・生化学辞典の解説

Cペプチド

 インスリンは2本ペプチド鎖からなるが,生合成されるときはB鎖から作り始められ,中間にあって除去されるペプチド部分があり,続いてA鎖が合成される.この中間部分のペプチドは生合成されると細胞内で切断され,A-B鎖(インスリン)と別のペプチドとなる.この中間部分のペプチドをCペプチドという.分泌されるときは,インスリンと一緒に分泌される.生理的機能は知られていないが,インスリン治療を行っている患者が自分で分泌するインスリン量の指標として血中濃度が定量される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android