コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C型肝炎検査薬 シーがたかんえんけんさやく

1件 の用語解説(C型肝炎検査薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C型肝炎検査薬
シーがたかんえんけんさやく

ウイルス性肝炎のなかでも,輸血後の非A非B型肝炎C型肝炎と呼び,現在日本に 120万人いるといわれている総患者数の6~7割がこれに当たる。 1989年にC型肝炎ウイルス (HCV) の遺伝子の一部からリコンビナントペプタイドが得られ,この HCVC-100-3抗原に対する抗体測定系が開発され,第3世代検査薬と呼ばれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

C型肝炎検査薬の関連キーワード血清肝炎流行性肝炎A型肝炎D型肝炎ウイルス性肝炎C型肝炎伝染性肝炎ウイルス非A非B(型)肝炎ウイルス性肝炎と救済法急性ウイルス性肝炎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone