コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C型肝炎検査薬 シーがたかんえんけんさやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C型肝炎検査薬
シーがたかんえんけんさやく

ウイルス性肝炎のなかでも,輸血後の非A非B型肝炎をC型肝炎と呼び,現在日本に 120万人いるといわれている総患者数の6~7割がこれに当たる。 1989年にC型肝炎ウイルス (HCV) の遺伝子の一部からリコンビナントペプタイドが得られ,この HCVC-100-3抗原に対する抗体測定系が開発され,第3世代検査薬と呼ばれていた。さらに近年,PCR-HCV-RNA検出法という方法が開発された。この方法は,HCVに取込まれると発光する試薬を血清と混合し,DNAの特定の領域だけを繰返し増殖させる PCR法と呼ばれる方法によって効率よくウイルスを増殖させ,発光量を測定するものである。これによって測定時間を2~3時間に短縮することが可能になった。なお,この方法は HIV (ヒト免疫不全症ウイルス) にも適用することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android