コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C末端 シーマッタン

デジタル大辞泉の解説

シー‐まったん【C末端】

たんぱく質ポリペプチドで、カルボキシル基-COOHがアミノ基-NH2と結合せずに残っている側の末端。C終末端。カルボキシル末端。カルボキシ末端。→N末端
[補説]たんぱく質やポリペプチドは、多数のアミノ酸ペプチド結合によって直鎖状につながったもので、ペプチド結合は一つのアミノ酸のカルボキシル基と次のアミノ酸のアミノ基が脱水縮合することによって起こる。そのため、ポリペプチド鎖の最後のアミノ酸は他のどの構成アミノ酸のアミノ基とも結合しない状態で残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

C末端の関連キーワードジペプチジルカルボキシペプチダーゼポリADPアンギオテンシン変換酵素メチオニンエンケファリンカルボキシペプチダーゼロイシンエンケファリンタンパク質の一次構造細胞内情報伝達機構エキソペプチダーゼβメラノトロピンアンギオテンシンペンタガストリンカルボキシ末端アミノ酸残基プロテアーゼペプチダーゼユビキチンC末端残基アミノ末端ホルモン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android