コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CAV方式

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CAV方式

Constant Angular Velocityは「角速度一定」の意味で、CAV方式は、回転する円盤にデータを記録するタイプのデバイスにおいて、常に一定の回転速度で記録盤を回転させながら、データの読み書きを行なう方式を指す。この際、円盤の内周と外周では円周の長さが異なるので、ヘッド(ピックアップ)が外周に向かうほど、ヘッドと記録面の線速度は大きくなる。記録盤の回転速度を一定にしたままヘッドのシークだけでデータを読み書きできるので、高速なランダムアクセスが可能になる。コンピューター関連デバイスで、CAV方式を採用する代表的なデバイスとしてはハードディスクが挙げられる。このようなCAV方式に対し、ヘッドと記録盤の線速度を一定にしてデータを読み書きする方式をCLV方式と呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

CAV方式の関連キーワードパーシャルCAV

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android