円盤(読み)えんばん

精選版 日本国語大辞典「円盤」の解説

えん‐ばん ヱン‥【円盤】

〘名〙
円形で平たい板状のもの。
※和漢三才図会(1712)一五「磁針〉円盤周囲列十二支横置針於中
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉九「十六武蔵位の大きさの薄い円盤(ヱンバン)
円盤投げの用具。木製の胴の中央両面に金属のまるく平たい板をはめこみ、金属のふちわくをつけた円形の盤。一般は男子重さ二キログラム、女子一キログラム以上。
※陸上競技法(1923)〈野口源三郎〉二「両脚、上体、左腕の力を基として、右腕を以て円盤を投げるので」
レコード盤。音盤。ディスク
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉一「次第に円盤がするするするする廻転し始めて、再び〈略〉美音が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「円盤」の解説

えん‐ばん〔ヱン‐〕【円盤】

円形で平たい形のもの。「空飛ぶ円盤
円盤投げに用いる、中心とに金属をはめ込んだ木製のまるい盤。重さは男子用2キロ、女子用1キロ。
レコード盤。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android