円周(読み)エンシュウ

  • えんしゅう ヱンシウ
  • えんしゅう〔ヱンシウ〕

デジタル大辞泉の解説

円を形づくる線。円のまわり。
円を描くようにして動くこと。
ひに手を取り―して踊る」〈航米日録・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 円を描いて動くこと。
※航米日録(1860)三「男女十六人組合せて、互に手を取り円周して踊る」
② 平面上の曲線の一つ。一定点から等距離にある点の軌跡。円。
※暦象新書(1798‐1802)中「周囲と云るも円周と云も一なり」 〔隋書‐天文志・天体〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の円周の言及

【円】より

… 円の面積というときのように,円によって囲まれる平面の部分もまた円と呼ばれる。はっきりと区別するため,最初に定義した円を円周といい,円周とそれが囲む平面の部分を合わせた図形を円板という。なお,円の内部,すなわち円板から円周を除いた残りの図形を開円板という。…

※「円周」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オープンスカイズ条約

領空開放条約ともいう。非武装の偵察機により相互の領域内の軍事活動,施設を監視しあい,軍備および軍事行動の透明性を高めることを目的とする条約。相互の不信感を取除く信頼醸成措置の1つ。 1955年,アメリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円周の関連情報