コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DSM‐IV DSM4/でぃーえすえむふぉー/でぃーえすえむ4 Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition

1件 の用語解説(DSM‐IVの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

DSM‐IV

米国精神医学会による『精神疾患の診断・統計マニュアル』の第4版(1994年/改訂版2000年)。mental disordersは精神障害と訳されることも多い。疾患ごとに診断基準の項目が並べられ、基準数の項目が当てはまった時、その診断を採用する。そのため、診断者間のばらつきが少なく、情報交換や研究に大きな利点がある。もう1つの特徴は多軸診断で、人格障害や身体疾患、心理社会的なストレスなどによる多面的な評価を試みている。これに対して、世界保健機関(WHO)が中心となって作成している国際疾病分類(ICD:International Classification of Diseases)がある。これは、精神疾患だけでなく全疾患が対象となっている。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DSM‐IVの関連キーワードクレペリン精神医学精神衛生精神病理学ブロイラー土居健郎精神科多軸分類精神保健医療の改革新福尚武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone