コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DVD-Audio でぃーぶいでぃーおーでぃお

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DVD-Audio

音声を記録するためのDVD。録音方式はCDと同じリニアPCMだが、大容量という特徴を生かし、CDと同じ音質の16ビット・44.1kHzから、より高音質の24ビット・192kHzまでをサポートする。また、画像なども同時に収録できる。ソニーオランダのPhilips社が開発したスーパーオーディオCDと競合しており、どちらに軍配があがるのか注目されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

DVD-Audio
でぃーぶいでぃーおーでぃお

CD(コンパクトディスク)と同じ大きさの120または80ミリメートル径の光ディスクによる高音質・長時間演奏が可能な音響の再生方式。DVD(デジタル多用途ディスク)の大容量記録能力と映像技術を利用して、娯楽性を強調した音響システムが構築できる。フランスのトムソン、松下電器産業(現、パナソニック)、オランダのフィリップスなどが参加するDVDフォーラムが規格を策定し、日米欧の44社が賛同して製品化された。記憶容量は両面の多層記録方式では、CDに比べて最大21倍の17ギガバイト、デジタル化方式はCDと同じリニアPCMとドルビーデジタル方式で最大周波数帯域は96キロヘルツ、最大ダイナミックレンジは144デシベルと大きい。演奏時間はチャンネル数と音の品質の組合せにもよるが、ロスレス圧縮を用いると最長で500分を超すものもある。一般ユーザー向けの映像や文字情報をふんだんに加えた娯楽性のほかに、車載用の多チャンネル音響機器に期待されている。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

DVD-Audioの関連キーワードSuper Audio CDドルビーTrueHDライティングソフトDVD オーディオサラウンドアンプDVDオーディオDVDSACD音声倍音

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android