EC対外共通関税(読み)イーシーたいがいきょうつうかんぜい(英語表記)common external tariff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EC対外共通関税
イーシーたいがいきょうつうかんぜい
common external tariff

EC加盟国が域外国に対して共通の関税率を設けている制度。域内関税撤廃とともに EC成立の根本である関税同盟の柱となっている。当初,1957年1月1日現在の加盟6ヵ国の関税率の平均を対外共通関税率と定めた。その後ガットの集団的関税引き下げ交渉によって徐々に引き下げられ,工業製品の現行対外共通関税率は,アメリカと同じ 3.5%となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android